乳腺・甲状腺外科

八尾市で乳腺・甲状腺外科の診療を行うほりい内科・整形外科クリニックでは、乳房のしこり、ほてりや乳腺の痛み、乳頭からの分泌物、乳房の変形・発赤、首のしこり、前頚部の腫れ、甲状腺機能異常などの診断・治療を行っております。手術が必要な場合など、患者様の状態に合わせて専門医療機関をご紹介します。

乳腺外科で対応できる症状・疾患

このような症状はございませんか?

このような症状はございませんか?

  • 乳房のしこり
  • 乳房の張り、痛み
  • 乳房の赤み、ほてり
  • 乳房の大きさの変化、左右バランスの変化
  • 乳頭からの分泌
  • 乳頭のひきつれ、くぼみ
  • 腋のしこり、腫れ
  • 皮膚が硬くなった

このような疾患でお悩みではございませんか?

乳房痛

女性の約7割は、生涯を通じて一度は乳房痛を経験します。
乳房痛から乳がんを心配される方が多くいらっしゃいますが、ほとんどの場合はそれ以外の良性疾患によるものです。
月経開始後の1週間など、ホルモンバランスが乱れる際によく起こります。その他、サイズ・形状の合っていない下着の着用も乳房痛の原因となります。また、激しい運動の直後に、一時的に乳房痛が起こることもあります。サイズと形状の合ったブラジャーの着用、カフェインを多く含むものの回避で乳房痛が改善・消失することもあります。
乳房痛は、一時的なものであれば過度に心配する必要はありません。痛みが続くようでしたら、一度当院にご相談ください。

線維腺腫

乳房にしこりとなって現れます。大きさはまちまちで、2~5センチくらいのものが見られます。
繊維腺腫の原因は、女性ホルモンだと言われています。加齢によって女性ホルモンの分泌量が減少すると、それに合わせてしこりが消失することもあります。
しこりが気になる、痛みがある場合には、手術で取り除くことができますが、基本的には検査の上で経過観察に留めます。検査では、マンモグラフィやエコーなどを使用します。(当院ではマンモグラフィ検査を実施しておりません。)
繊維腺腫が乳がんになるといったことはありませんが、乳がんとの鑑別をしておくことは大切です。しこりを見つけたら、他の症状の有無にかかわらず、当院にご相談ください。

乳腺症

乳腺は、成長または加齢により、発達・縮小が起こり、常に変化するものです。乳腺症は、その乳腺の状態の変化が強く現れている状態です。女性ホルモンのバランスの変化が原因と言われており、乳房痛、複数の小さなしこりの出現といった症状を伴います。
基本的に治療は必要ありませんが、乳がんとの鑑別をしておくことが重要です。気になったときには、できるだけ早くご相談ください。

乳腺炎

乳腺に炎症が起こり、赤み、腫れ、痛みなどの症状を伴う状態です。

  • うっ滞性乳腺炎、化膿性乳腺炎

授乳期に、乳汁が乳腺に溜まって起こる乳腺炎を「うっ滞性乳腺炎」と呼びます。乳房が腫れ、硬くなり、痛みを伴います。そこから乳頭に細菌が侵入・感染を起こすと「化膿性乳腺炎」に至り、症状が悪化します。また、高熱を伴い、乳房が激しく痛むようになります。うっ滞性乳腺炎の場合であれば、マッサージなどによって乳汁を出してあげると、ほとんどの場合、症状は軽減します。一方で可能性乳腺炎になると、抗生物質や消炎剤の投与が必要になります。また場合によっては、皮膚を切開して排膿することもあります。

  • 乳輪下膿瘍

乳頭から細菌が侵入・感染し、乳輪の下で膿のかたまりを形成することもあります。この場合には、皮膚を切開して排膿をする必要があります。乳輪下膿瘍の発症は、喫煙との関連性が指摘されています。

  • 肉芽腫性乳腺炎

難治性の乳腺炎です。はっきりとした原因はまだ分かっていません。
根気よく治療を継続することが大切です。

乳がん

乳管や小葉の細胞ががん化し、その後健康な組織を破壊し始めます。
乳房のしこり、乳頭から赤茶色の液体が分泌されるといった症状の他、手を挙げたときの乳房の皮膚のひきつれ、乳頭の湿疹などを伴います。リンパ節に転移している場合には、腋の下にしこりが生じます。
手術療法、放射線療法、化学療法、ホルモン療法などが行われます。

当院で可能な検査

当院で可能な検査視診、触診ならびに乳腺エコー検査を行います。エラストグラフィー機能を搭載したエコーで、乳腺のしこりに対して、硬さを色で表示でき、良性・悪性の評価を行います。穿刺吸引細胞診も行っておりますので、ご相談ください。

乳がんの手術を受けられた方へ

乳がん術後の定期検査ならびにホルモン療法も行っております。

乳がん手術後のリンパ浮腫について

上肢のリンパ液の流れが滞り、むくみが生じる「リンパ浮腫」は、乳がんの治療(手術療法・放射線療法・化学療法)の後に起こることがあります。
治療から浮腫の発症までの期間はさまざまで、すぐに現れることもあれば、20年後に現れることもあります。
早期に発見し、治療につなげることができれば、症状を改善したり、重症化を防ぐことができます。むくみが気になったときには、できるだけ早く、当院にご相談ください。

甲状腺外科で対応できる症状・疾患

このような症状はございませんか?

このような症状はございませんか?

  • 疲れが抜けない、疲れやすい
  • むくみ
  • 便秘
  • 冷え性
  • 動悸、息切れ
  • イライラしやすくなった
  • 多汗
  • 気持ちが落ち着かない

いずれも、私たちにとって身近な症状であり、一時的なものだろうと放置してしまいがちです。
しっかりと休んでいるはずなのにこれらの症状が続く場合には、一度当院にご相談ください。

このような疾患でお悩みではございませんか?

甲状腺機能亢進症

甲状腺機能亢進症は、甲状腺ホルモンの分泌量が増え、新陳代謝が必要以上に進んでしまうために起こります。もっとも多い原因疾患として、バセドウ病が挙げられます。その他、無痛性甲状腺炎、亜急性甲状腺炎、甲状腺機能性結節などが原因となることもあります。
季節を問わず暑く感じ、実際に汗も出ます。だるさを伴うため、周囲から誤った理解をされることも少なくありません。

  • バセドウ病

バセドウ病は、甲状腺ホルモンの受容体が過剰に刺激され、甲状腺ホルモンを大量に産生してしまう病気です。なぜ受容体が過剰な刺激を受けるのか、根本的な原因は未だ分かっていませんが、適切な治療を行うことで、健康な人と変わらず生活することができます。
眼球突出、甲状腺の腫れが特徴的な症状です。甲状腺の腫れにより、首が太く見えます。
その他、心拍数の増加、食欲増加、皮膚のかゆみ、手足の震え、多汗、年中暑がるなどの症状を伴います。

甲状腺機能低下症

甲状腺機能低下症は、甲状腺の機能が低下し、血中の甲状腺ホルモンが減少する病気です。もっとも多い原因疾患として、橋本病が挙げられます。
冷え性、皮膚のかさつき、無気力、記憶力の低下、常に眠いなどの症状を伴います。これらの症状により、周囲からうつ病などの疾患を疑われることも少なくありません。
甲状腺機能の低下が見られる場合には、甲状腺ホルモンの投与による治療が行われます。
血中の甲状腺ホルモンの減少の幅は症例によって異なります。正常の範囲内であれば、通常は治療は行われません。

  • 橋本病

リンパ球などの免疫系に異常をきたし、甲状腺組織に多量のリンパ球が侵入し、甲状腺の細胞が破壊される病気です。
進行し、甲状腺ホルモンの分泌量が低下すると、甲状腺の機能が低下します。(甲状腺機能低下症)
足や瞼のむくみ、記憶力の低下、食欲の低下、(新陳代謝の低下による)体重増加、皮膚のかさつき、月経異常、倦怠感、無気力、冷え性、甲状腺の腫れなどの症状を伴います。
甲状腺機能の低下が見られる場合には、甲状腺ホルモンの投与による治療が行われます。

甲状腺腫瘍

甲状腺腫瘍のほとんどは、甲状腺機能に影響を与えることがないため、大きな症状も現れません。
良性の結節性甲状腺腫には、甲状腺腺腫、腺腫様甲状腺腫、甲状腺機能性結節があります。
悪性の腫瘍には、乳頭がん、濾胞がん、髄様がん、未分化がん、悪性リンパ腫が挙げられます。

当院で対応可能な検査

当院で対応可能な検査血液検査やエコー検査で精査致します。必要に応じて、穿刺吸引細胞診も行っております。

一番上に戻る
お電話でのお問い合わせ TEL:072-943-0072
一般診療
美容診療
健康診療
一般診療 美容診療 健康診断
ほりい内科・整形外科クリニック

住所:〒581-0882 大阪府八尾市恩智北町1丁目73

診療時間
9:00-12:00
17:00-19:30

休診日:木曜午後・土曜午後・日曜・祝日

当院ではオンライン診療に対応しております当院ではオンライン診療に対応しております
お電話でのお問い合わせ