整形外科・リハビリテーション科

整形外科

当院の整形外科は、変形性関節症、肩関節周囲炎、関節リウマチ、骨粗しょう症などの疾患から、捻挫、打撲、骨折、切り傷といったケガまで幅広く治療を行っております。また、交通事故(むち打ちなど)・労災にも対応しております。レントゲン、エコー検査、必要に応じて提携病院にてCT・MRIなどの画像検査を依頼し、的確に診断した上、漢方薬も取り入れた薬物療法、トリガー・ブロック・関節注射、リハビリテーションなど患者様に合わせた治療を行っております。
また、手術が必要になった場合には、専門の医療機関をご紹介いたしますので、安心してご相談ください。

整形外科で対応できる症状・疾患

首の痛み(首の寝違え・肩こりなど)

首の痛み(首の寝違え・肩こりなど)

  • 頚椎椎間板ヘルニア
  • 変形性頚椎症
  • 頚椎症性神経根症
  • 頚肩腕症候群
  • むち打ち(頚部捻挫)
  • 肩こり
  • 関節リウマチ
  • 寝違い

肩の痛み(腕が上がらない)

肩の痛み(腕が上がらない)

  • 四十肩、五十肩
  • 肩関節周囲炎
  • 凍結肩(肩関節拘縮)
  • 腱板断裂
  • 野球肩
  • 胸郭出口症候群
  • 変形性肩関節症
  • 肩関節脱臼
  • 関節リウマチ
  • 鎖骨・上腕骨・肩甲骨骨折
  • 肩脱臼
  • 上腕二頭筋長頭腱炎

背中の痛み

背中の痛み

  • 変形性脊椎症
  • 胸椎圧迫骨折
  • 肋骨骨折
  • 肋軟骨損傷
  • 肋間神経痛

腰の痛み

腰の痛み

  • ぎっくり腰
  • 急性腰痛症
  • 筋・筋膜性腰痛症
  • 腰椎椎間板ヘルニア
  • 腰部脊柱管狭窄症
  • 腰椎分離症
  • 腰椎すべり症
  • 変形性腰椎症
  • 骨粗しょう症
  • 腰椎捻挫
  • 腰椎圧迫骨折

ひじ・腕・手首・手の痛み(しびれ・手に力が入らないなど)

ひじ・腕・手首・手の痛み(しびれ・手に力が入らないなど)

  • 上腕骨外上顆炎
  • 上腕骨内上顆炎
  • 野球肘
  • テニス肘
  • 肘部管症候群
  • 肘内障
  • 変形性肘関節症
  • 関節リウマチ
  • 上腕骨・橈骨・尺骨骨折
  • 脱臼、靭帯損傷
  • 腱鞘炎
  • 手根管症候群
  • ギオン管症候群
  • 変形性手関節症
  • 尺骨突き上げ症候群
  • TFCC損傷
  • 石灰沈着性腱炎
  • キーンベック病
  • 手根骨骨折
  • 手根不安定症
  • ガングリオン
  • 胸郭出口症候群
  • 頸肩腕症候群
  • 頚椎症性神経根症
  • 頚椎後縦靱帯骨化症
  • 頚椎症性脊髄症
  • 頚椎椎間板ヘルニア
  • 橈骨神経麻痺

股関節の痛み

股関節の痛み

  • 変形性股関節症
  • 関節リウマチ
  • 臼蓋形成不全
  • 単純性股関節炎
  • ペルテス病
  • 大腿骨頭すべり症
  • 関節唇損傷
  • 大腿骨転子部骨折
  • 大腿骨頚部骨折
  • 特発性大腿骨頭壊死症
  • 鼠径部痛症候群

太もも・ふくらはぎの痛み

太もも・ふくらはぎの痛み

  • 肉ばなれ
  • 大腿骨骨折
  • 筋挫傷
  • シンスプリント
  • 脛骨疲労骨折
  • 脛骨・腓骨の骨折
  • アキレス腱炎、アキレス腱断裂

膝の痛み

膝の痛み

  • 変形性膝関節症
  • 前十字靱帯損傷
  • 半月板損傷
  • 痛風
  • 膝内障
  • 内側側副靱帯損傷
  • 関節リウマチ
  • 鵞足炎
  • ジャンパー膝
  • オスグット・シュラッター病
  • ベーカーのう腫
  • 膝蓋骨脱臼
  • 膝周辺の骨折
  • 大腿骨内顆骨壊死
  • 分裂膝蓋骨
  • O脚
  • 膝関節捻挫

足首・足・足指の痛み

足首・足・足指の痛み

  • 足首捻挫
  • 外側側副靱帯損傷
  • アキレス腱断裂、アキレス腱炎
  • 関節リウマチ
  • 距骨骨軟骨病変
  • 足関節周辺骨折・脱臼
  • 扁平足
  • 外反母趾
  • 踵骨棘
  • 足底腱膜炎
  • 足根管症候群
  • 有痛性外脛骨
  • 陥入爪(巻き爪)

骨粗鬆症について

骨粗鬆症について骨の密度・量が低下し、骨折しやすくなっている状態を「骨粗鬆症」を呼びます。加齢、食事バランスの乱れ、運動不足、ホルモンバランスの変化などを主な原因として発症・進行します。
年齢を重ね「もう激しい運動もしないから、骨折もしないだろう」と思われる方もいらっしゃるかもしれませんが、骨粗鬆症が進行すると、転倒はおろか、咳・くしゃみなどの衝撃で骨が折れてしまうことがあります。
折れてしまった骨は治療が可能ですが、治療期間にベッドで横になっていたり、患部の固定などで身体を動かせない生活になってしまうことで、骨折が治った頃には運動機能が衰えている可能性があります。
ご高齢の方は、骨折を境に寝たきりになってしまうことも少なくありません。そうなると、身体と心の健康が損なわれるばかりか、生活の質が低下してしまいます。
直接的に命にかかわる病気ではありませんが、健康と生活の質を著しく低下させるおそれのある骨粗鬆症は、積極的に予防していく必要があります。

骨粗鬆症が進んでいくと…

骨粗鬆症が進むと洗濯物を取り入れたり、庭掃除などの軽い動作で胸腰椎の圧迫骨折をきたします。亀背となっていくと肺活量の低下や胃が圧迫され、食欲低下や胸やけなどにつながっていきます。70歳を過ぎると、転倒などにより大腿骨骨折の頻度も増え、寝たきりとなることもあります。そうならないように特に女性は閉経後から運動・日光浴やカルシウム・ビタミンDなどの摂取などを心がけ、骨塩量や骨マーカーなども参考にし、薬物療法も行い、骨折予防に努めていくことが大切です。男性も閉塞性肺疾患や糖尿病などをもっておられる方は、骨粗鬆症の合併に注意が必要です。

当院では、クリニックのスタッフみんなで患者様を積極的にサポートし、治療が継続できるよう、骨粗しょう症治療の体制を整えております。

リハビリテーション科

リハビリテーション科病気やケガを治すだけでなく、リハビリテーションによって運動機能を回復させていくのがリハビリテーション科です。以前と同じかそれに近い生活の質を取り戻すことは、心の健康の面、ご家族や回りの方々のご負担の軽減という意味でも重要です。
当院のリハビリテーション科では、腰痛、肩こり、神経痛、靭帯損傷、骨折などの整形外科領域の疾患・症状に対するリハビリテーションを行っています。1つ1つの関節や筋肉の機能回復に加えて、「動ける」「使える」全身のバランスを考えた機能回復に努め、少しでも早く、患者様が元の生活に戻れるようサポートいたします。

物理療法

物理療法器具を用い、熱、水(圧)、電気、牽引などの物理的エネルギーを活用する療法です。血流を改善したり、筋肉や心をリラックスさせることで、痛みを緩和します。
心臓ペースメーカーを使用している方、重篤な心疾患、血管疾患のある方、妊娠中の方などはメニューに制限が生じることがありますので、事前にお申し出ください。

一番上に戻る
お電話でのお問い合わせ TEL:072-943-0072
一般診療
美容診療
健康診療
一般診療 美容診療 健康診断
ほりい内科・整形外科クリニック

住所:〒581-0882 大阪府八尾市恩智北町1丁目73

診療時間
9:00-12:00
17:00-19:30

休診日:木曜午後・土曜午後・日曜・祝日

当院ではオンライン診療に対応しております当院ではオンライン診療に対応しております
お電話でのお問い合わせ